Cross Hatch な日々

当ブログでは分かりやすく伝えるために1つの記事に必ず1枚以上画像を使用しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

No. スポンサー広告

丸ノ内支線 駅ナンバリング変更の反映

先月、東京メトロでは丸ノ内線[中野坂上~方南町]区間の支線において、駅ナンバリング・路線記号を変更することを発表しました。
車内自動放送の英語放送でナンバリングを案内するよう更新するにあたり、従来のmではナンバリング発音が本線Mと区別できない為、Mbに変更する事になりました。

丸ノ内線の車両02系では車内LCD(トレインビジョン)でROM更新がされ、変更後のナンバリングに反映されていました。

スポンサーサイト

No.540 未分類 4 0

JR東 駅ナンバリング導入は都区内エリアだけ?

10月1日です。
今日はJR東日本での駅ナンバリング導入の日でした。
しかし駅名標のナンバリングは8月から徐々に交換されていました。
今日の導入開始の為に準備されていたという感じですかね。
本日、JR公式の路線図を確認してみたところ…

一部エリアしか導入されていなかったんです。
それは[区]のマークがある都区内エリア。
このエリアの外ではまだナンバリング導入が始まっていないのです…
なので都区内に駅がない武蔵野線、横浜線、南武線等は路線記号の使用もまだ始まっていないのです。
でも、都区内エリア外でも導入されてる駅はあります。
それは…舞浜、吉祥寺、三鷹…
舞浜は、ディズニーランドがあって外国人の利用が多いから?
吉祥寺、三鷹は中央総武緩行[JB]のキリが悪いから?
では、都区内外にナンバリングが本格的に導入されるのはいつなんでしょうか?
もしかしたら来年になるのかも。
それにしても今後の導入予定でも中途半端に導入されないところがありますよね…
東海道線の大船より下りとか、蘇我駅とか、成田空港とか…
駅ナンバリング導入エリアの拡大もして欲しいですね。

No.539 未分類 0 0

蘇我駅のATOS型放送は不親切!?

京葉線ATOS化の為、蘇我駅がATOS型放送に変更されました。
予想通り放送は1~6番全ホームATOS型となりました。

しかし、ATOS型は従来の房総型より案内が省略され不親切になっています。

例として
ATOS化前 房総型
「♪まもなく 6番線に 外房線経由 快速 上総一ノ宮行きが 到着します。黄色い線まで下がってお待ちください。この電車は 15両編成でまいります。」
ATOS化後 ATOS型
「♪まもなく 6番線に 快速 上総一ノ宮行きがまいります。 危ないですから黄色い線までお下がりください。この列車は15両です。」

色々省略されコンパクトになりましたが、重要な情報までも省略されています。
それは路線名です。
蘇我駅5・6番線ホームは、本来5番線が内房線、6番線が外房線でしたが、最近では直通電車が増え、更に蘇我駅の配線上京葉線から来る電車は5番線にしか入線できないので内房線と外房線が入れ替わる事が多くなった為、5・6番線は内房線と外房線のホームという案内に変わりました。
しかも、外房線と内房線は違う路線なのに同じ行先が存在します。それは安房鴨川行きです。
行きつく場所は同じですが路線が違うため全く違うルートを通ります。
また、他の行き先も多様な為、初めて訪れた人には、どこ行きが外房線でどこ行きが内房線なのかも分かるはずがありません。
それなのに新しいATOS型放送では路線名省略されてしまったのです。
また1・2番線についても千葉行きに関しては路線名の案内の説明は不要でいいんですが、快速東京行きも京葉線なのか総武線なのかでこれまた違う路線に連れて行かれます。

とりあえず、蘇我駅のATOS型放送の放送分を見直すべきだと思いますよ…
「♪まもなく 6番線に 外房線 快速 上総一ノ宮行きがまいります。 危ないですから黄色い線までお下がりください。この列車は15両です。」
路線名を入れるだけで十分です。

発車放送も
「6番線の ドアが閉まります。ご注意ください。」から「6番線の 外房線 ドアが閉まります。ご注意ください。」の様に路線名を追加するだけでも誤乗車を防止できます。

あと、もう一つ、
なぜ、ATOS型の折り返し放送って
「♪まもなく、3番線に 当駅止まりの 電車がまいります。危ないですから黄色い線までお下がりください。この電車は10両です。折り返し ○時○分発 各駅停車 東京行きとなります。」
という風に無駄に行先を最後まで焦らすのでしょうか?
「♪まもなく、3番線に 当駅折り返し ○時○分発 各駅停車 東京行きがまいります。危ないですから黄色い線までお下がりください。この電車は10両です。」
で良いと思いますが…

続きを読む

No.538 未分類 0 0

【ダイヤ改正】小田栄駅 南武支線リニューアル

本日3月26日 ダイヤ改正により 南武支線小田栄駅が開業しました。
今日は小田栄駅を見に行きました。
また、車両のリニューアルも確認してきました。
ダイヤ改正で誕生した尻手駅7:01発の浜川崎行は1番線から発車します。

No.537 動画 0 0

成羽線の種別系統路線図

成羽線が複雑でわかりにくいとの意見を頂いたので、成羽線の種別系統別路線図を作りました。

続きを読む

No.536 未分類 0 0

山手線E235系営業運転開始

大崎発の一番電車に乗ってきました。


No.535 未分類 0 0

方向幕LED見直し

神奈急のLED方向幕を新しく作り直しました。

B各停 八王子H

急行 大井町OM

路線名表示で路線記号を表示するデザインに変更になりました。

No.534 BVE 0 0

リニューアルしました!! & BVE5対応

皆様、お久しぶりです。
この度、ホームページとブログのデザインをリニューアルしました。(※スマホ版は未実施です。)
ホームページとブログを同一のスタイルシートに新一したことで、統一感が得られました。
特にホームページは今回大幅なリニューアルとなっており、各ページを見やすく改良しました。
例えばBVEの素材ページ
Before
このようにメニューが大きく、それ以外の文字が小さくて、区切りがどこかわからなかった リニューアル前のページです。
それが…
After
この様に美しくシンプルになりました。
画像を見てお気づきの方もいると思いますが、新たにBVE5用のダウンロードボタンが追加しています。
ホームドア素材で一部のデータを除き、BVE5に対応しました!!
やはり今のBVE界の主流派は5ですので、素材を求めている人もいると思い配信を開始しました。
ただ、このBVE5版はbate版ですので、不具合があったらごめんなさい。報告お願いします。
ホームページでは更にコンテンツを充実させていきたいと思っていますのでお楽しみに。

http://kanakyusubway.web.fc2.com

No.533 未分類 1 0

急行退避

2015年度になってしまいましたね…
2014年度中に早渕線を完成させると言っておいて…
さて、なぜこんなに時間が掛かっているかと言うと、忙しいという理由は前も言いましたが、
ダイヤを現実的に考えてみるとですね、難しい箇所があったんですね。
急行退避です。
早渕線で退避設備がある駅は、潮見台・あざみ野・荏田南・大棚だったんですけど、ラッシュ時間帯では退避駅が1駅足りない事が発覚しました。
そこで退避駅を1駅追加することになりました。新しい退避駅になったのは野川駅です。
野川駅周辺の高架複々線区間は基本内側2線が早渕線、外側2線が海蛍線となっていて、早渕線のB各停のみが海蛍線の駅に停車する為その側の線路を走行します。野川駅の高架ホーム(地下ホームに環状線と東西線が走ってます)は2面4線となっているので、この構造を利用して野川駅で急行を退避する早渕線は海蛍線のホームで退避する方法をとりたいと思います。
Oudia.png
そして、組んだダイヤがこちらです。
急行を見ればわかりますが、ラッシュ時間帯は全ての退避設備を使います。早渕線内で5本も各駅停車を抜かすんです。
逆に各駅停車は最高2回抜かされます。
話を戻すと今まで公開していた早渕線では大棚駅でのみ退避を行っていましたが、現実的なダイヤを組んでみると、潮見台駅でも退避しなければいけないのです。
実は、潮見台駅とかあざみ野駅とかは当初BVEで退避するダイヤを作成することを想定していなかったので、待避線への配線を適当に設定してあったのですが、これをちゃんと修正しなくては行けなくなりました。
そんなこんなで、完成までに時間が掛かっているわけです。

最後にあざみ野駅での退避をイメージした動画です。

No.532 BVE 2 0

JR東日本 駅ナンバリング

JRE_Numbering
画像クリックで拡大表示

続きを読む

No.531 未分類 0 1

スポンサードリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。